2013年

6月

22日

facebook イイネ!

気が付いたらイイネ!!100超えていました!!!

わーすごいすごい。
こんな夜中に発送メールしています。すみません。

なまじ製作委員会というプロジェクト名にしたために発送もwebも全て一人という事実が受け入れられていないので大変な事に!

でも嬉しいです。

地味に地味に活動していた4月。
...
GWあたりにすごくすごくシェアされて、どっどーーっと来たオーダーから始まった発送ラッシュ。

WEBで広める難しさも分かりました。

実は皆さんがうさポンを発見になったリンク先?シェアされた文章は消えてしまったようですね。

そして実はあの文章は。。私としてはちょっとコンセプトと離れていて、、どうしよう?!という文章でした。

そしてあのラッシュでご注文くださった方に多いサイトの文章を読んで頂けないゆえのカスタマーサポートの日々。

でも皆さんからの反応も随分あるし、知ってもらったという面では良かったと思います。ここに イイネ!をしていただいた方は過去記事を読んでいけばわかると思いますが、

うさポンバッジは強制力の働くバッジではありません。
辛い理由がある。という事を知ってほしい。

色んな理由で人は辛い思いをしていると思います。

でも私にとっては自分が術後の辛い思いをして分かった事、欲しかったものを表現しました。

そして同じ病気、、さらに進行していて辛い思いをしている仲間の役に立ちたい。その一心でした。

その一心からスタートしたプロジェクトです。

つけなきゃ損!とかそういうものではなく、

つけてるからなに!

ではなく、、

着けることで本人が少し気持ちが楽になれたらな。

という気持ちで作りました。

バッジが重要なのではなくて

もちろん辛そうな人には声をかけてみる。という心が一番大事なのだと、今でも思います。

でも、自分はそんなの全く気付かず、妊婦さんや杖をついた方しか席を譲ってこなかった。内臓疾患の方で貧血になりそうな方、抗癌剤で帽子をかぶっている方。。。。

ここまで一気に広がると、私の気持ちから離れたものになるとは思います。ですが、きっとこういう気持ちをずっとずっと長く話続けることで、きっと気持ちも広がると信じています。

ここを知る皆様にもそのお手伝いをしていただけたらと思います。